【奇才ダリ】の転機となった幻の細密極小絵画。所蔵する日本の美術館とは?

ペインのアーティスト「サルバドール・ダリ」を知っていますか?

中学や高校の美術の授業なんかで、「時計がグニャグニャしてる変な絵」を見たことは?

その変な絵の作者さんがダリなのですね。

サルバドール・ダリ

今夜、ダリの幻の作品がTV初公開されます。

ダリの細密極小絵画が『新美の巨人たち』でTV初公開

も気になって、TV番組を見てみることにしました。

ダリの転機となった作品は『ロートレアモンのカマキリの人肉食』というらしいのですが。長年にわたって行方不明となっていたようなんです。その作品がTV初公開されるというのです。美術好きとかじゃなくてもなんだか興味深いですよね。

けっきょく時間が合わなくて番組は見れないです(泣)

でも、番組のレポートをUPしてくれてる記事を見つけたので紹介します。幻の作品『ロートレアモンのカマキリの人肉食』もあります!

ダリの細密極小絵画が『新美の巨人たち』でTV初公開、シシド・カフカが迫る
『新美の巨人たち』が本日6月15日にテレビ東京系で放送される。 出演者の「アートトラベラー」が美術館や建築物などに足を運び、様々な作品の秘密やアーティストの人生に迫る同番組。今回はサルバドール・ダリの作品を取り上げる。 「アートトラベラー」はシシド・カフカ。ダリの作品を300点以上所蔵する福島・北塩…

見れて感謝・感激でした。

ダリの作品を300点以上所蔵する福島県・北塩原の諸橋近代美術館とは

ころで、幻の作品『ロートレアモンのカマキリの人肉食』なんですけど。

海外ではなくて、日本の美術館にあるようなんですね。しかもその美術館、ダリの作品を300点以上も所蔵してるという・・・。

ちょっとスゴくないですか!?

その美術館とは、福島県の北塩原にある諸橋近代美術館です。

Morohashi museum of modern art  諸橋近代美術館

スペインの巨匠サルバドール・ダリの作品341点のほか、西洋近代絵画41点を収蔵しています。サルバドール・ダリの常設展としては、ダリ劇場美術館(スペイン)、ダリ美術館(アメリカ)に次いで世界で3番目のコレクション数を誇ります。 当館は福島県にある磐梯朝日国立公園の中に位置します。東京ドーム1.2倍ほどの広さの敷地に建つ美術館は中世の西洋建築を思わせます。

↑諸橋近代美術館公式の紹介動画がありました。(再生時、BGMの音量がちょっと高めなので注意かもです)

国立公園内に建っているだけあって、まわりの景色がスゴくきれいです。動画で紹介している館内も、スゴくいい感じですね。

旅行などで訪れると、すてきな時間を過ごせるかも。

acworksさんによるイラストACからのイラスト

 

コメント