断捨離あるある。スッキリした!気持ちいい!もっと捨てたい!

 

ここ数年よく断捨離という言葉を耳にしますよね。断捨離とは不要なものを減らすことで生活の質や運気の向上など私たちの生活を豊かにしようという考え方を指して言います。ものへの執着を捨てることが大きなテーマとなっており、身の回り、そして心も綺麗になるとして、一つのブームともなっています。そんな断捨離ですが、実は意外な落とし穴として依存ということが危惧されています。そこで今回はあまり知られいない断捨離依存についてしょうかいしていきます。

断捨離でもっと捨てたいと思い始める心理とは?

ものにあふれた家よりも必要なものだけでスッキリと片付いた家の方が居心地が良いものですよね。また家事、身支度にかける時間も物が少なければ少ないほど、短時間で済み自分の時間が持てるようになります。そして何より片付いた部屋を見るのは気持ちが良いものです。ただ不思議な心理なのですがやっていくうちにだんだんものを捨てるのが快感になって、一種のストレス発散になっていくことがあります。自分と捨てるものを置き換えて、ものを捨てれば自分が生まれ変われる!という考えを持つ人もいますね。そして何か嫌なことがあるたびにものを捨て、自分の捨てるものがないと、自分ではない家族のものを無断で捨てたり、必要なものまで捨ててしまう…なんていうこともあります。

またものを捨てることで運気が上がるなどという話がよく聞かれますが、自分もものを捨てれば幸せになれるのだ!というふうに解釈してしまうことも依存の原因となります。例えば「断捨離をしたおかげで結婚できた!」「断捨離をしたことで昇進した」なんていう話もありますが、ただものを捨てただけで劇的に生活が変化するなんていうことはもちろんありません。全て鵜呑みにして、断捨離が幸せの全てだと思い込まないようにしなければなりません。

断捨離で勢いづく。もっと捨てたい。でも、それって断捨離依存症気味になっていませんか?

断捨離依存はなかなか自分では気付きにくいものです。というのもそもそも断捨離に依存性があるなんてあまり知らない人が多いはずです。ではあなたが断捨離依存になっていないかチェックしていきましょう。まずは前項でも挙げたように捨てることに快感を感じる人は依存になりかけている可能性が高いです。また本当に必要かそうでないかを考えずに衝動的にゴミ袋にものを捨ててしまう人もそのような傾向があります。さらには占いやスピリチュアルなどを信じやすい人も断捨離依存になりやすいです。というのも占い系にハマる人はもともと何かに依存しやすい人なんですね。自分にとって本当に必要なのかどうかをしっかり考えて、購入するというのも心がけたほうが良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?断捨離はものを減らせるので確かに気分もスッキリしますよね。ただなんでもやりすぎは逆効果!本当に必要なものまで見えなくなっては意味がありませんよ!過剰すぎる断捨離は家族間でもトラブルを生むこともあるので要注意です。これから断捨離したい!という人は一度ものを捨てる判断基準について考えておくと良いかと思います。

コメント