ファスティングマイスターは怪しい?怪しくない?有資格者が安い牛肉の危険性について解説

安い肉の危険性。この話を聞いてまだ、安い肉を食べますか?

ファスティングマイスターという職種(資格?)は怪しいのでしょうか?

それとも、しっかりとした知識を有して情報発信を行う実力派なのでしょうか?

今回は、多くの肩書を持った松下しょうへいさんという方の番組を紹介します。

肩書は、一般社団法人 分子整合医学美容食育協会・エキスパートファスティングマイスター・ファスティングサポートとなり、ファスティング関連が2つ含まれています。

上部にある動画の再生時間は6:09になります。

内容としてはプロのファスティングマイスターの松下さんがスーパーで売られている安い牛肉は非常に危険性がある旨を指摘するという、結構、ショッキングなものです。

その理由としてはまず、体を酷使して子供を産む事をメインとした乳牛は体がぼろぼろなので6年くらいで死んでしまうそうです。さらにエサは農薬だらけの穀物をメインで食べるそうです。
体がぼろぼろの状態で死んだ牛なのでその肉は安く売られるのですがそんな肉が安全であるはずがなく、、松下さんの話では肉はあくまでも嗜好品なので、食べない選択もあるのだと考えています。

見た感想。普段、スーパーで安売り、特売の牛肉を買う事があるのでこの内容は非常に
ショッキングでした。牛肉になる前にどのように過ごした牛なのか、ある程度、知識がないと
怖いなと思いました。

コメント