【子育ての仕方】世界と日本の子育て比較

世の中には主婦(夫)をしている世代が多く居て毎日時間に追われて疲れている事でしょう!

私も今まさに主婦を経験しているシングルマザーです。

今から子育てについて書いて行きますが読者のみなさんが少しでもリラックスしてもらえるような記事にしたいと思います。

子育ての仕方は世界中で違った方法があります

子育ての仕方には日本を始め、世界中で違った方法がある事が分かりました。

海外を代表してカナダで見てみるとカナダのトロントでは子育ての負荷を両親に与えず社会全体で子育てをするという方針のようです。

一方の日本では高度経済成長期にスパルタ教育がいいと何冊も出版されていました。

一時期では褒め育てなど子育てを推す書籍が数的に多いということです。

日本の男性が育児に参加できない事へと反省と共働きの一般化から最近では父親参加型の子育てが各家庭・各地域単位で進められています。

海外からの移住者で日本の子どもの育てやすさを調査したところ34ヶ国中4位という結果という結果でした。

異文化間での子育てについて

続いて異文化間での子育てについてですが異文化間とは海外赴任や国際結婚をする親の事であり、異文化環境の下での子育ても行われます。

異文化の両親のもとに産まれた子は多言語習得の機会があり成長過程において異文化教育が家庭内で自然と行われているようです。

多言語環境で育った子どもにはしばしばどの言語も十分には操れないという問題が起きる。

この現象をダブルリミテッドと言います。

しかし、異文化だと親子両方のエネルギーが必要となるので単一文化環境で育てる事を選ぶ家庭もあります。

子育てを大きく分けると愛情・栄養・養護に分けることが出来ます。

子育てにおいて重要な事は子どもと両親側に愛情の交流がある事です。

物理的な環境がいかに整っていようが愛情を欠く環境では小児は健全に育たないとある学者は言っています。

子が母に対して抱く愛情のことをボウルビーと言って別名アタッチメントとも呼んでいます。

こうした愛着の形成にはスキンシップや母乳哺育が大切であるとある学者は言っています。

スキンシップをする事で子の人格が健全に育つのに大切とされています。

赤ちゃんの皮膚感覚は脳と直結しているのでタッチングすればするほど脳の発達を助ける事に繋がるようです。

子育て中の栄養について世界と日本を比較

母乳で育てる赤ちゃんはSIDSが起こりにくいとされているようです。

SIDSとは乳幼児突然死症候群のことである。

母乳を射出するオキシトシンというホルモンが母親に幸福感など与えてくれる作用があり、母乳を産生するプロラクチンというホルモンには母親に赤ちゃんを保護したいと思わせてくれる作用があるそうだと発売しています。

このことが母性を育む一番の近道としています。

出産後、母親が最初にあげる母乳にはIgA抗体が入っており感染から守る働きをしています。

どうでしたか?

母乳に感染を守る働きが入っていたとは知らなかったです。

また、SIDSというものが母乳で育てている方が起こりにくいというのも初めて知り、やはり母親は子どもにとって偉大なんだと分かりました。

コメント