【元AKB48】中村麻里子アナウンサーがサンテレビを6月末で退社

元AKB48メンバーでアナウンサーの中村麻里子さんが6月末で退社する事が17日分かりました。

サンテレビ 4時!キャッチ 中村麻里子アナ・復帰コメント(2018/11)

本人は一身上の都合と言っていますが「自分磨きのため」としています。

中村麻里子アナは契約アナウンサー。雇用形態としては「契約社員」

中村アナは17年に契約社員として入社しましたが局側からの3年目更新オファーを本人が断りました。

1年ごとに最大3年の契約でした。

Q. 他にも契約(社員)アナの人っているの?

A. たとえば、現在は、フリーアナウンサーとして活躍する滝川クリステルさん。

そんな滝川クリステルさんも、実は局アナ時代は、正社員ではなく、契約社員だったんです。

契約社員のメリットとは?! あの女子アナも正社員じゃなかった!
こんにちは。ユージーンです。 私は現在、ある会社で正社員として働いています。 でも実は私、契約社員を目指しているんです!! 何言ってんだこいつと思われそうですが、冗談ではありません。 それだけでなく、これからの時代、私と同じように契約社員を目指す人は増えてくるんじゃないか、とも思っています。

局側は「残念ですけど本人の気持ちを尊重したい。神戸を離れる事は聞いています」と説明。

中村アナは昨年9月に急性肝炎で療養し、11月に復帰しましたが現在は体調に問題ないとしました。

レギュラーを務める同局番組が中村アナ最後の出演になります。

退社後も局外で収録される「Sweet Time〜おいしい話を少しだけ〜」にはしばらく出演することが分かっています。

中村アナはコメントを発表し「契約更新の申し出を受けて、サンテレビさらに経験を重ねるのか次に向かうのかとても悩みましたが“今”がステップアップのタイミングだと考え決断いたしました。」と報告。

中村アナ、メディアからいったん離れる意向「関西での生活は刺激的だった」

アイドルから離れ、関西での生活は刺激的だったとして兵庫県民、神戸県民に感謝しました。

今後は「“今”の自分にないものを習得するため表舞台ではない場所で勉強しようと考えています。いつか皆さんとお会いした際にはスケールアップした私をお見せできるように自分を磨いて参ります。」といったんメディアから離れる意向を示しました。

私はアイドル時代の中村麻里子さんを知っているのでアナウンサーになると知った時は寂しい気持ちもありました。その後も、アナウンサーになってからの中村麻里子さんは1度も観た事がなかったのです。親ではないですが本当の親みたいに心底心配で居たんですが元気な姿を見れてよかったです。

コメント