【中野信子さん】 友達なんて時代遅れ!? 社会性がいらなくなる理由とは?

最近YouTubeを見る時間がまた増えてきました。

ここ1年くらいでさらにおもしろいチャンネルが登場してきたような気がしてます。

今日見たのは、脳科学者)中野信子さんによる「社会性」をテーマにしたトークです。

中野信子「友達なんて時代遅れ」 ※今の時代、社会性なんて要らない※

ヒトが社会性を身に着けなければならなかった理由とは?

20秒あたりで流れてる背景って、品川駅港南口、ですよね^^;

・社会性ってじつはスゴい無駄 (00:45)
・社会性を身に着けないといけなかった理由は、個体では生き延びることができなかったから (00:53)

大昔、狩りとかしている時。みんなで協力しないとドデカいマンモスとかやっつけられなかった。みたいな話はよく聞きますよね。1人だと狩りはできないですよね。

・環境によっては社会性がなくても生きられる。たとえば、大都市。なぜならば、インフラに頼れるから。 (01:00)

たしかに。田舎は良くも悪くも「つながり」が濃いと思う。

オランウータンは生涯のほとんどの時間を孤独に過ごす?

ヒトと同じ類人猿のオランウータンは人生のほとんどを孤独で過ごすらしい。 彼らから見たら、なんで人間ってわざわざ意見の違う者同士、お互いを嫌と思いながら 集まって過ごしてるの?って思うかもね。
↑目に留まったコメント。人間の悩みのうち、いちばん多いのって「人間関係」っていうし、考えさせられましたね。

ヒトの歴史。10万年をどうやって生き延びてきたの?

今までの歴史って人間って10万年ぐらいですよね。(03:13)
10万年ぐらいの歴史のなかで、やっぱり個体の脆弱性から「社会」をこうやって構築してなんとか回してきた。「環境」を変えることによって生き延びてきたっていう特殊な「種」が人間なので・・ (03:28)
なので環境を変える、プラス、もはや自分のカラダすら改造して生き延びようとしているっていうのがすごく面白いですし (03:36)
身体拡張の本とか出てたの思い出しました。コンタクトレンズとかも身体拡張ですよね。

コメント