ワンオペ育児の息抜き。育児経験者の私がおすすめなのはこの3つ

 

ワンオペ育児とは最近よく聞かれるようになった言葉ですが、家事や仕事、育児などを全て母親一人でこなすことを指して言います。例えば夫が単身赴任の家庭なんかはまさにそうですよね。ただ子供が小さいうちのワンオペ育児は想像をはるかに上回るほど大変なもの。一人で全てこなすのは体力的にも精神的にも負担が大きいと言えるでしょう。ストレスで押しつぶされてしまわないためにも、いかに上手に息抜きをできるかが大きなポイントとなります。そこで今回はワンオペ育児の息抜きについてみていきましょう。

一人になれる時間を持つ(時間)

まずワンオペ育児で特にストレスになるのがやることが多すぎていつのまにか自分の時間が持てなくなることです!特に生まれて間もない赤ちゃんがいる場合は一人になれる時間はほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。パパに見てもらえるときはパパに。それが難しいのであれば、実家で子供をみてもらったり、ベビーシッターなどに頼るのも一つの手ですね。子供を放置するなんて!という人も中にはいます。ただママだって一人の人間です。後ろめたく感じることはないんですよ。

プチ贅沢食材・プチ贅沢スイーツ(お金)

自分の時間を作るのは難しい…という人はちょっとした贅沢で日々のストレスを発散しましょう!例えば甘いものが好きな人はスイーツを自分のご褒美にしている人も多いですね。あるいは子供がお昼寝をしている隙に、カフェなどに立ち寄りコーヒーブレイクなんかも良いでしょう。ただしこれはたまの贅沢ですから、毎日こうではただの散財になってしまうので気をつけてくださいね。例えば、来週はこれを買おう!などと目標があれば、それまで頑張ろう!と思えるかもしれません。

非日常的な経験をする(心理・リフレッシュ)

小さな子供がいると毎日同じことの繰り返しでそれもストレスの原因になっている場合が多いですね。そんな人は非日常的なことで気分をリフレッシュするのもオススメです。子連れで外出はたいへんですがえ、思い切ってどこか行ったことのない場所へお出かけしてみるのも良いかもしれません。特に自然を感じられる場所はオススメです。子供も外出中はいつもと違う風景に興味津々でご機嫌でいてくれることも案外多いですよ。ただし最初は近場から。少しずつ移動時間を増やすようにしてくださいね。ママにとっても子供にとってもリフレッシュになるはずです。

ワンオペ育児の息抜きおすすめ。まとめ。

いかがでしたか?ワンオペ育児の場合、自分が頑張らないと!とママが常に気を張っている場合が多くストレスが溜まりやすいもの。ほんの5分でも育児を離れることで、きっとママの負担は減らせます。そのためには、ママ自身が抱え込み過ぎずに人に助けを求めること。これが大事ではないでしょうか。また育児は本当に体力、気力のいるもの。時にはママ自身が自分を甘やかすくらいの気持ちで、あまり背負いすぎないようにしましょうね。

コメント