【ストロベリームーン】とは6月の満月を指す名称。日本では2017年ごろから一般認知

私の友達が某SNSに載せた事をきっかけにどんなものか知りたくなったので調べてみました。

この記事を書いている今日はストロベリームーンを見れる日なんです。

YouTube

ストロベリームーンとは6月の満月を指す名称で日本では17年ごろからマスメディアで取り上げられるようになりました。

正式な天文学の用語ではありません。

ストロベリームーンという名称の由来は何なのか気になりますよね?

名前の由来はアメリカ合衆国の五大湖の西側に暮らすオジブワ族は農耕や狩猟が困難な森林地帯を生活の場とし野性の木の実や種子を採集する暮らしを送ってきたことから、その時に採集出来る物を月の呼び名としていました。

その中の1つにストロベリームーンがあります。

つまりいちごの収穫時期に昇る月の事を指して呼んだ名称である。

他の国や地域では別の名称で呼ばれています。

例えばヨーロッパだとハニームーン、ミードムーン、フルロードムーンなどの呼び名があります。

日本ではストロベリームーンを「赤みがかって見える満月」と解説する情報源が多く存在します。

これらはいちごの収穫時期に月が赤く見えることからストロベリームーンと命名されたという説明を付すものがあります。

ストロベリームーン初めて聞きましたが6月にしか見れないと思うと悔しい気持ちになるので私も見てみましたが全然ストロベリームーン見えませんでした。

残念ですが今年は縁がなかったのかなあと思いました。

コメント