【Udemy無料コース】クラウドIDE”paiza”で Ruby on Rails 入門!【最短30分】

教育プラットフォーム”Udemy”では、たまに無料のコースが見つかります。

今回紹介するのはカンタンにRuby on Railsでのプログラミングをはじめるコースです。

【最短30分でできる!】Ruby on Rails入門: 初心者でも簡単! ブラウザだけでRailsを使ったWeb開発!

僕が見つけた時は無料でしたので、申し込んでみました。

このコースは3つのセクションから構成されています。

それぞれ、受講してみた感想を紹介しますね。

セクション1  クラウドIDE”paiza”を使ったRuby on Railsの概要

なぜ、Ruby on Railsを使うのかを解説しています。

Ruby on Rails を使えば自然とWebアプリを作れます。

Ruby on Railsの謳い文句は「15分で本格的なWebアプリケーションを」となっていて、生産性が高いです。

Rubyは日本で、日本人が開発したプログラミング言語です。
Rubyで何ができるのか?については以下の動画がわかりやすいです。

Rubyで何が作れるの?現役Rubyエンジニアが回答

レクチャー2では、このコースで作成するWebアプリについての説明もあります。完成品のデモも。

セクション2  クラウドIDE(PaizaCloud)での開発について

クラウドIDEのいちばんのメリットは、ブラウザを用意するだけですぐにプログラミングを始められるようになることです。

通常、プログラミングをスタートするには”環境構築”というものが必要になります。

ですが、クラウド環境のIDEサービスをつかえば、自分自身で環境構築する手間をスキップできてしまいます。

・環境構築にはトラブルがつきもの

・環境構築が上手くいかなくてプログラミングを挫折してしまう人もいる

という説明は納得でした。

セクション3 Ruby on Railsアプリケーションの開発

このセクションで実際にアプリを開発します。

ボードゲームを管理するカンタンなWebアプリケーションです。

ブラウザとWebアプリとDBによるMVC構造で作っていきます。

 

気楽にプログラミングを学びたい方は試してみるといいのではないでしょうか。

gazou提供者:Lukas

コメント